お知らせ

安全に診察をする為のお願いです!

2017.08.26

当院では、ご家族の方に小さいお子様の抑制をお願いしております。

 

抑制(抑え付ける)と聞くと、お子様が”かわいそう“、”怖い“というイメージがあるかもしれませんが、これはお子様を傷つけないために守る行為です。

お子様が抵抗する力は、想像以上に強いので、ご家族の方の協力がとても重要です!!

抑制の目的

安全にお子様の検査や処置をすることで、少しでも怖い時間を短くするためです。

耳や鼻の処置中に動いてしまうと、耳の奥や鼻の粘膜を傷つけてしまうことがあります。

 

『嫌な事はさっさと終わらせたいので必要なもの』と、ご理解下さい。

抑制の方法

まずは、ご家族の方が椅子に深く座っていただきます。

背もたれに背中をつけ、安定した姿勢を保っていただきます。

 


そして、お子様の胸の前で、

手を交差させながら、お子様の手をしっかり掴み、

ご自身にしっかり抱き寄せて下さい。

この時に、子様の肩の上を通るようにする事もポイントです!

足は、ご家族の方の太ももの上に座らせ、足先は膝で挟んで下さい。

 

<良い例>

image

 

 

<悪い例>

image

 

頭部は、スタッフが抑えさせていただきます。

尚、妊娠中や気分が優れないなどの事情がある場合は、スタッフが代わりますので、お気軽にお声かけ下さいね。

 

ご家族の方が、お子様をしっかり抱きしめることで安心感に繋がります。

この時、不安が和らぐようなお声かけをしてあげて下さい。

(例えば、「大丈夫だよ、頑張ろうね〜」など)

 

そして、何よりも大切なこと!

診察終了後は、頑張ったお子様をいっぱい褒めてあげて下さいね☺︎

こうする事で、お子様に自信がつき一人で座れるようになりますよ!

一覧へ戻る

ページTOPへ