お知らせ

朝に柑橘類を食べると危険!紫外線の吸収率が高まります。

2018.07.07

前回に引き続き、夏に気になる紫外線のお話です!

 

朝に野菜や果物を摂取する習慣のある方も多いと思いますが 、中には光毒性物質を含むものがあります。

光毒性物質とは、光を浴びることで活性化してお肌にダメージを与える物質=『ソラレンです。

 

ソラレンには紫外線を吸収する性質があるため、お肌の紫外線に対する感受性を強めてしまいます。つまり、日焼けしやすくなってしまうのです。いくら日焼け対策をしても、ソラレンをたくさん摂取していればお肌はみるみる焼けていきます。

 

 

 

ソラレンを多く含む食品

・柑橘類:オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ライム等

・キウイ

・いちじく

・きゅうり

・じゃがいも

・香りの強い野菜(セロリ、春菊、しそ、みつば、野沢菜)

 

朝食にはこれを食べよう!

・りんご

・バナナ

・すいか

・いちご

・桃

・ぶどう

・根菜(大根、ごぼう、にんじん、かぶ)

・かぼちゃ

・ネギ

・レタス

・キャベツ

・トマト

9CB1BB8E-56C9-41B5-9A15-4013F032C8AF

 

朝食にソラレンを多く摂取してしまった場合は日焼け対策を厳重に!

ヘリオケアだけでなく、日傘やサングラス等で紫外線を徹底的にブロックしましょう。

 

目から日焼け予防!!

サングラスは使用されていますか?

目からの紫外線吸収により全身のメラノサイトが活性化され、メラニン色素が生成されて皮膚が黒くなります!

 

なぜ目から日焼けするかというと、目の神経に紫外線が当たることで脳が『肌を守れ!』という指令を出し、防御反応としてメラニン生成を促すメカニズムがあるからです。

 

サングラスだけでなく、日傘・帽子なども常に持ち歩くことで目から紫外線をしっかりガードすることができます。

仕事や学校等の都合上、サングラスをかけることができない方はUVカット加工のコンタクトがおすすめです。2173187D-66D7-4CCB-81DC-ED7174C4AE8716618FF6-F3C4-4988-A3AE-D408D91478D3

一覧へ戻る

ページTOPへ